イングランド北東部のフットボールクラブ、ミドルスブラの最新情報をお届けしています         
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECENT ENTRIES
LINKS
BlogPeople
RECOMMEND

 Official Middlesbrough FC Annual 2008 (Annual) 

  

 Official Middlesbrough FC A3 Calendar 2008 (Calendar) 

  

 Boro Songs: The Sounds of the Riverside 

  
AD

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

McMahon、ファーストチームでの復帰に喜び

Mcmahon is delighted at Boro return - Gazette Live
先日行われたArsenal戦で堅実なプレーを披露し、ファーストチームへの復帰を果たしたTony McMahonは、これからも右サイドバックのレギュラーとして起用されることを望んでいる。

Sheffield Wednesdayへのローン移籍からBoroに復帰しており、Arsenalとのリーグ戦ではベストのパフォーマンスぶりだったMcMahon。

決意も改たにした同選手は、Aliadiereの同点弾のきっかけとなるプレーや、効果的なタックルを仕掛けるなど、試合を通して活躍した。

McMahonは2006年9月に行われたカーリングカップ対Notts County戦以来の先発出場を喜び、これまで散々怪我に悩まされてきただけに、今後も怪我をしないままでプレーできることを願っている。


これまで右サイドハッグを務めていたHoyteが膝の軟骨摘出手術を受けて、復帰まで1ヶ月かかることから、怪我さえなければ同選手の希望もかなう見込みである。

McMahonのコメントは以下の通り。
「プレーしている最中は、1分1分を楽しむことができたし、試合が終わってしまうのがいやだったよ。

今回のチャンスが巡ってくるために、どれ程努力を積み重ねてきたことか。ファーストチームに復帰するまで長い時間がかかってしまったが、今回のチャンスが与えられたのも他にライバルがいなかったという幸運もあった。

初めてプレーする機会を与えられたけれど、そのチャンスをしっかり両手でつかみ取って、いいプレーができたと思う。

ゴールにつながるプレーができたのもうれしかった。あれで一層やる気が出てきたよ。

Gael Clichyを追いかけて行ったら、自分の体にボールが当たって、それをTuncayが拾って素晴らしいクロス、Jeremieのヘッドもドンピシャだったね。

体もフィットしてるし、力強さも感じている。このまま怪我をせずにプレーし続けて行きたい。」

McMahonはローン期間中、Hillsbroughで15試合の出場機会を得た。そして対Norwich戦ではゴールも決めた。

そして自信を取り戻した状態でRiversideに帰るきっかけを与えてくれたOwlsのBrian Laws監督(元Boro所属DF)に感謝している。
「Sheffield Wednesdayで多くの試合にでることができたことが、ずいぶんと助けになった。

ローンが終わってBoroに帰ってきた時に、Brian LawsとアシスタントのRuss Wilcoxに感謝のメッセージを送信しておいたんだ。

僕には試合でプレーすることが必要だったから、彼らは重要な役割を果たしてくれたと思う。僕は彼らの元で出場機会を与えられ、フットボールをプレーすることができ、僕はそのチャンスをしっかりと付かんで話さないようにした。

彼らはこれまでの指導者とは毛色が違っていた。Brian Lawsは数多くのアドバイスを僕にしてくれた。

彼は僕に試合に出場して、いつも通りにプレーして欲しいと言った。そして僕が失っていた自信を、自分にはトップリーグでポジション争いができる選手だとして、取り戻してくれた。

監督は常々僕がプレミアリーグでプレーできる能力があるとして言い聞かせてくれたことが良かった。」

長く怪我に悩まされてきた同選手だが、決して乗り越えられないものだとは思っていなかった。
「辛くて困難な状況におかれても、僕は一度たりともそれには屈しはしなかった。

僕はMiddlesbroughを愛しているから、必ず戻ってきてプレーをするんだといつでも自分に言い聞かせていた。このクラブこそが毎週プレーをするべき場所なんだという雰囲気を持っている。

ファンの人たちも好きだし、彼らも僕のことを気にいってくれていると思う。だから、戻ってくることができてうれしいよ。

ここまでくるのにずいぶんと長い道のりにはなってしまったが、ようやくファーストチームでプレーすることができたから、これからも今の状態のままでいたい。」
| DFニュース | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Wheaterの踏ん張りどころは今

Sky Sports | Sky Sports | Football News | Premier League | Middlesbrough | Wheater told to fight for place
Wheaterは現在レギュラーポジション奪還の為の努力を強いられている。

イングランドA代表に召集され、U-21代表の主要メンバーでもある同選手は、Aston Villa戦以降ベンチメンバーに降格となっている。

Chris Riggottがファーストチームでレギュラーポジションに定着していることから、今シーズンのほとんどを適正ポジションではない右サイドバックで起用されているWheaterである。

その後にJustin Hoyteが右サイドバックのレギュラーとしてプレーし、ベンチメンバーに降格となったため、今後はRiggottやPogatetzとポジション争いをしなければならない。


アシスタントマネージャーのMalcolm Crosbyのコメントは以下の通り。
「Davidはこれまで少し運がなかった。

彼は右サイドバックもできることを知っていたので、チーム状況も鑑みて、彼をあのポジションで起用するしかなかった。

Davidが右サイドバックを務めている中で、Riggottがチームに復帰し、またPogatetzも怪我が癒えた後に戻ってきて、2人とも素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた。

彼がついていなかったのは、センターバックでのプレーができなかったことだ。

よって現状彼は新たにポジション争いを強いられているが、それは誰でも立ち向かわなければならないものだ。これは若い選手に皆んな言ってあげる言葉だけれども、もしプロとして長くキャリアを続けて行きたいのであれば、ポジション争いに向けて準備を怠らないようにしなさいと伝えているよ。

もしレギュラーとして起用されていないのであれば、そうされるためにどう行動するのかということだ。

ただふて腐れているだけなのか、再びレギュラーとして起用されるようにこれまで以上の努力を続けて行くのか?

今回が彼にとってその選択を行う最初の機会だと思う。これまでの様子を見ると、彼は正しい方向に進んでいるように思うよ。」
| DFニュース | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Riggott、久々の出番に喜ぶ

Sky Sports | Football | Premier League | Middlesbrough | Riggott boosted by display
Chris RiggottはMiddlesbroughのトップチームでのプレー機会を与えられたことについて、喜びの気持ちを表した。

同選手はかつて、将来のイングランド代表センターバックになると評価されたこともあり、Liverpoolも獲得を狙っているという噂もあった。

そんなRiggottをBoroはChristieと共にDerbyから獲得した。

将来を期待された両選手であったが、共に望まれたような結果を出すことはなく、既にChristieはBoroを離れており、一人残ったRiggottはチーム内で定位置を得るために努力している


同選手は先に行われたWigan戦において、好パフォーマンスを披露し、今後も引き続き起用されることを望んでいる。

Riggottは怪我で欠場したHuthの代役として、好調なZakiとHeskyというフォワードを零封するという活躍ぶりだった。

同選手のコメントは以下の通り。
「Liverpoolへの移籍が噂されたのは、随分前のことに感じるよ。

Boroに移籍してからは、いろんな経験をごく短期間にした。

移籍をした時には、いろいろ楽ができるかと思っていたし、それがずっと続くと思っていた。でも、午後数年間は自分にとって辛い状況に直面していた。 これからはより良いキャリアを積み上げて行きたい。毎試合出場できるように頑張りたい。

過去2年間は本当にフラストレーションのたまる時期だった。
複数箇所を故障してしまい、レギュラーの座に定着することができなかった。

だから、今シーズン素晴らしい活躍で注目を浴びている2トップ(ZakiとHesky)を無得点に抑えることができて良かった。あの2人にはチャンスを多くは与えなかったと思うよ。

キーパーには何度かセーブをさせてしまうシーンがあったと思うけど、決定的シーンはそれ位だったと思う。自分自身とクラブが正しい方向に向かっていると思うよ。」
| DFニュース | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Huthに期待を寄せる監督

Sky Sports | Football | Premier League | News | Southgate hopes for Huth
MiddlesbroughのGareth Southgate監督は、Robert Huthがプレシーズントレーニングには怪我が癒えて参加できるであろうと話す。

2006年にChelseaから600万ポンドで獲得したHuthは、これまで17試合の先発出場をしたのみに留まっている。

彼がプレーした際は期待通りのプレーを披露していただけに、Huthが度重なる怪我より満足にプレーできなかったことについて、Boro側のフラストレーションも溜まっていた。

しかし、Southgate監督は同選手が来るべき次シーズンに向けてのトレーニングを積むためにチームに戻ってくることに自信を見せている。
「今は彼の現場復帰を急かせる状況ではない。シーズン前のトレーニングまでには復帰できるだろうから、適切な時間をかけてフルフィットにまでもっていきたい。そうすれば新シーズンは、もっと大きな役割を果たしてくれるだろう。


Robertにとって、プレシーズンの練習を最初から最後までこなすということが重要になる。昨シーズン中に彼がプレーした際には、今後我々にとって大きな影響力を持つだろう選手になりえる存在と見ているので、チームにとっても彼自身にとっても怪我のないシーズンを過ごすことができればと願っている。」

エジプト代表のMohamed Shawkyもまた来シーズンの活躍を監督に期待されている選手の1人だ。

昨季はわずか3試合の先発出場だったものの、プレーした際にはよいプレーを見せていた同選手の真価を発揮して欲しいと監督は願っている。
「新シーズンにおいては、Shawkyにもっと活躍してもらいたい。

彼が出場した試合はアウェイがほとんどであったが、非常にいいプレーをしてくれた。しかし、以降はフラストレーションが溜まる状況だった。

元々新しい環境に慣れるまでに時間がかかったこともあるし、その後にはアフリカカップに招集され、長い間チームを離れていた。

そして残念なことに、チームに復帰後すぐに怪我をしてしまった。

それでも来シーズンこそは、彼がもっと活躍してくれるであろうと感じている。」
| DFニュース | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Riggott、Boroに残留へ

Riggott told his future is at Boro - Gazette Live
来シーズンの監督構想内にある旨通達されたChris Riggottは、移籍金300万ポンドで出されたStokeからの獲得オファーを断る見込み。

昨シーズンの同選手はBoroで出番がなくなった後に、Stokeへローン移籍されており、同クラブの劇的なプレミアシップ昇格に重要な役割を果たした。

新シーズンにトップリーグに臨むStokeは、Riggottの完全移籍による獲得を希望しているが、Boroとの現契約があと2年間残っている同選手は、残留してBoroでのキャリアを再び積み上げていくこととなりそうだ。


Riggottはその後ローン先のStokeから急遽呼び戻され、プレミアリーグ終盤の2試合(ゴールも決めたPortsmouth戦とManchester City戦)で活躍した。

その活躍により、監督から今後もファーストチームの構想内にあると保証された。

そして更に、大物選手を優先して起用してRiggottを外したことを間違いであったことを認めて、2度と同じミスを起さないとした。

昨シーズンは当初、Robert HuthとJonathan Woodgateという多額の移籍金を費やして獲得した選手が怪我で戦列を離れていた為、Riggottは先発メンバーとして9試合起用されたが、前述の選手が復帰すると先発の座を奪われた。

スターティングメンバーとしてのプレーでは、4連敗の後に引分けに持込んだBolton戦、そして10月に行われたホームでのSpurs戦では好パフォーマンスを披露したが、Woodgateの復帰によりファーストチームから外され、結局3月にStokeへローン移籍となった。

Southgate監督のコメントは、以下の通り。
「私はRiggottに失敗から教訓を学んだと伝えた。好調だった彼を起用せずにいて、負け試合を増やしていたと。

新シーズンは昨シーズンと同じようなことにはならないと話した。好調な選手を起用すること、それは新シーズンでは強く意識していく。

ただし、それは誰かにレギュラーの座を保証するものではない。昨年までのやり方が公平ではないとRiggottは感じたかもしれないが、新シーズンはそれを改善する。

それでももし彼がまだ自分の望むような試合数に起用されていないと感じているというのなら、移籍を選択するしないは彼の自由ということだ。しかし、最後にはここでのプレーを選択すると思う。」

一方、Stokeの監督はRiggottに対してレギュラーの座を確約することで完全移籍による獲得ができるとし、先日移籍金300万ポンドのオファーを出した。

しかし、そのオファーは失敗したと同監督はみており、別のセンターバックを探すことになりそうだ。
「もしMiddlesbroughがオファー内容を真剣に考えているのなら、何らかのコンタクトがあるはずだが、それもない。

Riggsは我々の最終戦の観戦にやって来ていた。それだけこのクラブに思い入れがあったのだと思う。

彼のキャリアに新たな風を吹き込むことができたのは間違いないよ。」
| DFニュース | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | | |
| 1/9PAGES | >>
皆様のご訪問に感謝!
チーム戦績
リーグ:3勝3敗0分け
FAカップ:未実施
リーグカップ:2回戦勝利
得点:リーグ・カップ戦合計
6点:Leadbitter
3点:Kike
2点:Tomlin
1点:Ayala, Williams, Fewster
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
≡ SPONSORED ≡