イングランド北東部のフットボールクラブ、ミドルスブラの最新情報をお届けしています         
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECENT ENTRIES
LINKS
BlogPeople
RECOMMEND

 Official Middlesbrough FC Annual 2008 (Annual) 

  

 Official Middlesbrough FC A3 Calendar 2008 (Calendar) 

  

 Boro Songs: The Sounds of the Riverside 

  
AD

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | | |

それじゃあ、S監督のSmith談から

Sky Sports | Football | Championship | News | Southgate defends Smith role
MiddlesbroughのGareth Southgate監督は、バックルームスタッフに現役時代に監督として指導されたAlan Smithを加えた自身の決断について擁護した。

かつてSouthgateが現役時代を過ごしたCrystal Palace時代の監督だったSmithは、今夏にBoroのバックルームスタッフに加えられた。

彼の起用について疑問を投げかけられていたが、Southgateは彼の存在は必要不可欠だと強く主張する。

「彼にこのクラブに来てもらった理由は、我々スタッフにはない知識と経験を備えている人物だったからだ。彼は試合の日にはベンチ内に在席せず、その裏側の仕事をしてもらっている。しかし、それでも私にとっては十分に有益な知識を彼はもたらしてくれている。

彼のことなら、100%信じることができるし、過去にChampionshipにおいてクラブを優勝に導いている。その頃のリーグのプレースタイルと今のスタイルはそんなに違いがなく、私や他のコーチングスタッフの能力を高めるための鍛錬をしてもらっているところだ。

非常に近い関係の友人をスタッフに加えるようなことはしたくなかった。しかし、彼がもし私が間違っていることをした時には、それをきちっと指摘をしてもらえる人物だ。

監督としては違う人物からの意見を聞くことも必要だ。私もそのアドバイスを自分の能力を高めていく際に必要としている。監督がクラブで働いている者たちについて判断を下さなければならないから、何度も難しい場面も経験してきた。しかし、Alanはそういう立場から少し離れているので、決断を下すことに恐れを抱いてはいない。

彼は私の意見に、多々同意してくれている。Alanは選手たちの成長を促すようなアドバイスをすることができる。彼が現在の役割をスタートさせて以来、豊富な知識を生かして多くの成果を残してくれている。

コーチングスタッフも低年齢化しており、彼ら自身も経験を積み上げることが必要だ。細かいことに注意を払うことと備えをしっかりするということについては、ずいぶんと改善した。

我々は少しずつではあるけれど、日々成長を続けており、自分たちの役割というのを理解している。しかし、究極的には自分たちがどう評価されるというのは、残した成績によってのみ判断されるということは理解しているよ。」


| 監督 | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | | |

監督、Johnsonを賛辞

Sky Sports | Football News | Premier League | Middlesbrough | Southgate hails Johnson
MiddlesbroughGareth Southgate監督は、好調をキープしているAdam Johnsonがファーストチームにインパクトを与えたことについて、褒め称えた。

低調な成績が続いているBoroだが、McClaren全監督の元でプロデビューを果たしたJohnsonは、現在チームで長く重用されるようになった。

そしてBoroやイングランドU-21代表で大きなインパクトを与えたJohnsonに対して、Real MadridやLiverpoolといったヨーロッパのビッグクラブが関心を寄せている。

Southgate監督も彼の活躍に喜びの気持ちを示している。
「Adamは与えられたチャンスをしっかりと掴んで結果を出し、どの試合でも一定のパフォーマンスを披露できるようになっている。


今では彼は主力メンバーの一人となり、これからも活躍を続けて行って欲しい。

我々はJohnsonのこれまでの成長ぶりを喜んでいるし、彼にはそれだけの能力があることは分かっていた。

彼がまさに今必要としているのは経験であり、それはこれからどんどん積み重ねていけるだろう。

Johnsonが今の調子でプレーし続けていければ、Stewart (Downing)のポジションにもいくつか選択肢が出てくる。彼はアウトサイドだけでなく、他のポジションもプレーできる能力があると見ているからだ。

先のWest Ham戦で、Downingは深い位置からの飛び出しなどでチームを引っ張っていくなど、トッププレイヤーの実力を見せてくれた。

Downingはクオリティーの高い選手であり、まさに今その能力を我々は必要としている。Adamがいいパフォーマンスを披露し続けてくれれば、チームにとってより良い布陣を敷くことができる。」

| 監督 | 22:40 | comments(4) | trackbacks(0) | | |

Southgate、Alvesを擁護

Sky Sports | Football News | Premier League | Middlesbrough | Southgate offers Alves support
MiddlesbroughのGareth Southgate監督は、Bolton戦での低調なパフォーマンスにファンからブーイングを受けたAfonso Alvesはこれからハードワークを徹底しなければならない、と話す。

ブラジル代表経験もあるAlvesは、Boroが自分の獲得のためにオランダのHeerenveenに支払った1,200万ポンドの価値があると証明することに苦しんでいる。

今シーズンはこれまでに14試合に出場して、わずか3ゴールという結果であり、先日1-3で敗れたホームのBolton戦でもゴールを決められるよう努力した。

シュート機会はフリーキックが数本に終わり、シュート精度も高くはなく、後半30分に途中交代させられた。


Southgateはその交代をチームにとって正しい選択だったとしたが、それでも今後もAlvesはゴールを奪うチャンスがあるとする。
「彼は現在もトレーニングを精力的にこなしており、過去に点を決めていた頃の練習法を今でも実践している。

先日の試合では少し落ち込んでいるようだったから、あの交代策は正しかったと思う。

プレミアリーグはAlvesにとって、随分と毛色の違うリーグかと思う。フィジカル的にハードなプレーが多いし、今回のBoltonもそれが強調されたようなチームだからね。」

| 監督 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Villaサポーターからのブーイングは甘んじて受止める

Sky Sports | Sky Sports | Football News | Premier League | Middlesbrough | Southgate - Fans right to boo me
【管理人注釈】下記の記事は、すでに行われたAston Villa戦前に掲載されたものです

Gareth Southgate監督は、Aston Villa戦でファンからブーイングされることについて、何ら不満はないと話す。

Southgate監督はかつて選手として6年の時を過ごしたAston Villaに戻ってくるが、そこでのキャリアの最後は一悶着あった。

かつてイングランド代表であったSouthgateは移籍志願して、Chelseaへの移籍を噂されたこともあったが、結局じつげんとならず、Boroへ移籍することとなった。


その後SouthgateはBoroの監督に就任したが、未だに一部のVillaのファンはSouthgateの後味の悪かった移籍について、恨みを持っているものもいるようだ。だから、Southgateは自分にブーイングされてもそれについてとやかく言うつもりはないとしている。
「私はかつてクラブに対して成功できるように、いろいろと意見してきた。

Aston Villaに戻った時には温かい歓迎を受ける一方で、誹謗されてもいる。移籍志願をしたのなら、そういうことも受け入れなければならない。ファンの中にはそれを良しとしない人もいるからだ。彼らは決してクラブを裏切らないからね。

当時の私とクラブの方向性が完全にずれていたんだ。Gianluca Vialliの元で躍進を目指していたChelseaへ移籍する可能性もあった。

でも当時のJohn Gregory監督はせれを阻止しようとしてきた。今では彼の気持ちが分かるよ。チームキャプテンであった私を失いたくはなかったんだ。

だから中傷されることについては、何ら問題ない。ブーイングされるようになったら、それをやり過ごして行くしかないんだ。あまり気にしすぎてはダメだ。今時のフットボールとはそういうものだよ。

当時の私は、ヨーロッパのカップ戦の優勝を目指すクラブでキャリアを積み重ねていきたいという考えに固執していた。この目標が選手にとって当たり前だと思っていたからね。でも、その機会を奪われてしまった。

チームの一員としてプレーしているから、自分のプレーに集中するように務めたよ。クラブ移籍の裏舞台に携わったことで、いろいろなことを学んだよ。」


今夏にLiverpoolへの移籍を志願し、クラブから移籍を許されなかったGareth Barryの件については、自分の当時の状況と比較ができると監督は話す。
「私の場合は、自己主張をし過ぎて、首を突っ込むべきではないところまで、手を出してしまった。

もう少し賢く立ち振舞うべきだった。でも当時は感情を剥き出しにしていたんだ。

だから今でもあそこに帰ったら、当時を憶えているファンから、いろいろ言われてしまうということなんだ。

当時は、Chelseaが移籍金700万ポンドでオファーがあったから、移籍を志願したけれど、Villaがそれを退けてしまった。最後にはBoroが600万ポンドでオファーがあり、移籍することができた。

あの時は1年間移籍リストに自分を掲載していた。決してそれを取り下げることはしなかった。

Gareth Barryの一連報道は、あのクラブで私が体験した出来事を思い出させた。O'Neil監督が彼を説き伏せた期間の長さには、驚くほどだった。

私はあれこれしゃべってしまったけれど、彼はもう少し静かにいたようだったね。」
| 監督 | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

Southgate、不調のAlvesをかばう

Sky Sports | Football | Premier League | Middlesbrough | Southgate backing Alves
MiddlesbroughGareth Southgate監督は、最高移籍金レコードのAfonso Alvesが近い内にゴールを立て続けに決めてくれると信じている。

昨シーズンは終盤の6試合で7ゴールを決める活躍だったAlvesに対して、Boroは今シーズンのスタートからゴールラッシュを期待していた。

しかし、その期待にAlvesは、Stoke戦でのフリーキックによる1点でしか応えられていない。

先のWest Brom戦においても、何度かチャンスがありながら、結局は決めきれず、0-1で敗戦となった。


しかしながら、今年の1月に同選手獲得のため、1,200万ポンド以上を支払ったSouthgateは、Alvesをフルサポートする。
「我々は彼が多くのゴールを決めてくれることを信じている。これまでの彼の実績がそれを証明してくれている。

彼がどれだけの能力があるのかを分かっているから、これからも彼をサポートすることができるんだ。

彼は既に素晴らしいゴールを決めているし、何度か惜しいシーンもあった。

彼のシュートは全て枠に行っている。後はそれを防いだゴールキーパーがいて、またゴールラインギリギリでディフェンダーにクリアされたこともあった。

バーに弾かれてしまったWest Brom戦での彼のシュートは、彼が生粋のストライカーだという証明だ。あのシュートが決まらなかったのは不運としか言い様がない。

West Brom戦での彼のプレーは得点を決めるに十分だったが、残念ながらそうとはならなかった。

彼のストライカーとしての嗅覚は鋭く、シュートができるポジション取りは目を見張るものがある。

しかし、我々はゴールの全てを彼に決めてもらおうなんて、頼り切っている訳ではない。

我々はチームだし、チームという組織の中でプレーしている。他の選手の中にも、得点能力の高い選手がいるからね。

チーム全体を通して、West Brom戦では得点のチャンスがあったが、決めることができなかった。

決定機を確実に決めていかなければならないことは十分に承知している。そこは我々が精度を高めていかなければならないところだ。」

| 監督 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | | |
| 1/15PAGES | >>
皆様のご訪問に感謝!
チーム戦績
リーグ:3勝3敗0分け
FAカップ:未実施
リーグカップ:2回戦勝利
得点:リーグ・カップ戦合計
6点:Leadbitter
3点:Kike
2点:Tomlin
1点:Ayala, Williams, Fewster
CATEGORIES
COMMENTS
TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
≡ SPONSORED ≡